バストはなぜ垂れる?

バストって気がつくと垂れてしまいます。

 

バストが垂れてしまう原因は加齢、妊娠、授乳が原因となります。

 

また、ノーブラ状態でいるとバストが垂れてしまいます。

 

バストが垂れてしまうのは、バストを支えているクーパーじん帯が
伸びてしまったり、切れてしまうことから起きてしまいます。

 

バストが小さい女性は垂れるほどのバストがないと
思っている方も多いのですが、実はバストが小さい女性でも
加齢や妊娠出産の影響でバストは垂れてしまいます。

 

バストを支えているクーパーじん帯が切れてしまうと
元通りにすることができません。

 

つまりは、クーパーじん帯が切れてバストが垂れてしまった場合は
どんなに筋トレをしても元通りに戻ることはないのです。

 

バストが垂れてしまうとかなり老けて見えてしまいますので
バストが垂れないようにするという予防方法、または美容整形で
バストの吊り上げ手術をする以外で改善する方法はないのです。

 

一時的にブラジャーでバストを上向きにすることができたとしても
ブラジャーを外すとだらりと垂れてしまいます。

 

特に大きなバストの方の場合は、垂れた状態がわかりやすく
目立ってしまいます。

 

バストが垂れないようにするためにしっかりと予防していくようにしましょう。

垂れないバストを作るには

垂れないバストを作るには予防がとても大切です。

 

 

バストの垂れを起こさないようにするためには、クーパーじん帯が
伸びたり、切れたりしないようにすればいいのです。

 

クーパーじん帯を守るためには、バストを揺らさないことが大前提になります。

 

クーパーじん帯は、揺れに非常に弱く簡単に伸びたり、ちぎれたりします。

 

したがって、ブラジャーでしっかりと保護してあげることが大切になります。

 

また、妊娠中や授乳中はブラジャーをつけるのが面倒だといって
カップインキャミなどを着用している方が多いのですが
産後のバストの垂れを引き起こしてしまいますので必ずブラジャーをつけましょう。

 

マタニティブラや授乳ブラなどは乳腺を痛めないような作りになっています。

 

できればワイヤーが入ったブラジャーをつけてバストを揺れから保護してあげましょう。

 

妊娠中や授乳中こそバストはどんどん大きくなっていきますので
保護してあげることが大切なのです。

 

ブラジャーはちゃんとサイズが合っているものを正しくつけるようにしましょう。

 

サイズが合っていないものや、正しい着用方法をしていなければ
ブラジャーはつけている意味がありませんよ。